読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガイドブックの口コミ!

いろいろな本があり迷ってしまうこともありましたが!前回蘭を購入して!花そのものがとても良かったこともあり!購入しました。私は水分計サスティと一緒のセットで買ったので!1000円余りで買えました。本屋で売られているものを想像してた人が!がっかりしなきゃ良いけど。

こ、これですっ♪

2017年03月26日 ランキング上位商品↑

ガイドブック花農家3代目が洋蘭初心者のあなたに捧げる自信作!『森水木のラン屋さん謹製 はじめての洋ラン ガイドブック 宮川将人著』洋ラン農家直伝のやさしい解説書・育て方 小冊子

詳しくはこちら b y 楽 天

現役蘭農家さんが執筆した、初心者のための蘭栽培の手引書です。絵や写真がたくさん使われていて見やすい説明書です。(笑) 『はじめての〜』にある通りに育てていれば!森水木ショップから買った蘭はよく芽を出し成長してくれます。私の虎の巻です。書いてあるはずです。熱帯性の洋ランがなぜ虫のいない寒い時期に開花するのか疑問でしたが!ようやく答えが解りました。よく読み込んで一緒に購入した洋ランを枯らすことなく育てたいです。GUIDE BOOKであることに納得!大変参考になりました。初心者さんには、ピッタリだと思います。パさしあげる前にラっと拝見させていただいた程度ですが!病気等!写真付きでわかりやすそうでした。 これは宮川氏の洋蘭販売にかける思い!商品ラインナップのコンセプトetc.我々素人を洋蘭栽培に誘なうための啓蒙書なのです。 ここに書いてない特別なことは!育てる苗を買った時に付いてくる『育て方ガイド』に書いてありまし。初めての人へオススメの種類や育て方も、生産者さんからの視点で、わかりやすく書かれています。サスティーもついてお買い得でした。わかるはずです。本は小冊子という感じで、この本単体が1000円というのはちょっとお高いと思います。情報が新しいと思いました。 『はじめての〜』とありますが、実は奥の深〜い内容が書かれています。洋ラン栽培というと素人にはハードルが高いイメージがありましたが、この本を読むと「洋ランのたくましさ」がわかり、むしろ手をかけすぎない方が育つということも知りました。よほどのことがない限り枯れたりしません(実際、購入した数十株はみんな元気です)。ポイントが丁寧にまとめられていて、非常にためになりました。義母も大変喜んでくれました。蘭をプレゼントする時に一緒に渡してとても喜ばれました。本としての質は、価格も含めて、フルカラーの同人誌(自費出版誌)って感じです。(笑) 逆に『育て方ガイド』に書いてないことはこの書を熟読すればわかります。今度は花を咲かせられそうです。サスティ付きでお買い得だと思い購入しました。ランは初心者なので今後!難しいこともあるでしょうが!やりがいのある世界だと思われました。サスティは!お花の邪魔にならない!サイズ(M)です。文章だけだと分かりずらい事や、イメージしにくい事が、イラストや写真になっている点が、良いです。なので!買われる方はセットがお買い得と思います。また、一部、開花させるのにコツがいるものもありますが、そのほとんどが花をつけてくれました。番長さんの体験やお客様のお宅で咲いた花の写真など身近に感じられ他の本とは違った距離感で読むことができます。その根幹を成すのは!ランが元々咲いている環境を良く知った上で!それを我が家でどのように再現!もしくは近付けるのかということですが!それはけっしてお金をかけて環境を整えるというようなことではなく!花への気遣い!心遣いによるところが大きい!というようなことでした。義母が家にあるこちらのランを見てリクエストを受けたので!サスティーと蘭!こちらのガイドブックをプレゼントしました。わかりやすく写真が多いのが良いですね。ガイドブックは!小冊子でかさばらず!カラーで読みやすいです。 ボロボロになるまで読み返し、よく理解したいものです。この書『はじめての洋ラン ガイドブック 宮川将人著』は!育て方マニュアルではありません。蘭を育てるのが初めてですが!とてもわかりやすく育てるのが楽しみです。本の内容のかなりの部分はHPでも公開されています。 だから、どんなマニュアルにも載ってない種類の蘭であっても、自生地の環境がわかれば自ずと育て方もわかってきます。。水やりの適量や育て方がわかりやすく写真入りで書かれていてお勧めです。まずはどのような環境に咲いているのかを知ることは、どんな花を育てる場合も同じ原則なので、ああ、なるほど、と思いました。花咲く苗と同時購入するのがオススメですね。 さらに進んで、洋蘭の生態と育て方の関係といった最もキモの部分を丁寧に教えてくれる教科書でもあります。水やりの間隔は季節により変えていましたが!1度にあげる水の量はいつもおなじ量をあげてしまっていました。薬剤等もいずれ補助的に使わざるを得ないと思い!銘柄を見ましたが!使ったことがあるものばかりでした。ありがとうございました。何冊か蘭の栽培方の本を持っていますが!洋ランの生態について触れているのは本書が初めてです。